多様な場面で利用されているc言語について

バナー

多様な場面で利用されているc言語について

c言語とはコンピューターのプログラミング言語の一種で、昔から人気が高く使用される場面が多い言語です。

名称の由来はその前にB言語があったからというものです。
誕生してから後も改良などを重ねながら発展してきて現在に至ります。

またc言語はのちに出てきた言語にも影響を与えそれらはJavaやJavaScript、C++など多岐にわたります。

なおJavaとJavaScriptは名称は似ていますが別のもので、利用される場面も多くの場合違っています。

普段ブラウザを利用してネットなどを利用されている方はJavaScriptという名称におぼえのある方も多いでしょう。
基本的にサイトを動的に記述したりする場合などに利用されているスクリプト言語がJavaScriptです。これもc言語に似た部分があります。
c言語の特徴としてまずあげられるのがその自由度の高さです。

これにはまず実現できる機能の豊富さがあります。

実際コンピューターでできることの多くを行うことができます。


言語はその仕様によって機能が実現しやすかったり逆に利用可能な機能が制限されたりしますが、記述には技術が必要な場合がありますが各種機能を利用できることが多いのが特徴です。


各コンピューターの機能はライブラリといって命令のセットを利用することで利用しやすくなっている場合があります。

したがってライブラリは各コンピューターの機能に依存しますが、本体のソースコード自体は他の機種に移植しやすくなる場合があります。

先ほど命令と呼びましたが、このような特徴のある機能を持ち呼びだされて動く命令を「関数」と呼びます。関数は何度でも呼び出すことができますし、値を呼び出した側に返すこともできます。

また引数といって値などを与えられるとそれを利用して処理を行うことができるなどの特徴があります。何回も条件を変えて同じ処理を行うなどの処理はこの関数を利用するのが効率的になります。
これは計算だけではなく、テキストの表示や各附属機器へのアクセスなども関数の形で利用することができ、このような機能は今では他の多くのプログラミング言語にも備えられていることが多いものです。

自由度としてあげられるもののもうひとつは、記述の自由度の高さです。


関数やデータの宣言などは「;」で終了を示し、コメントなどは「/*」から「*/」の間に書かれます。
細かい差でエラーが出たりするので学習の時は実際に手で入力して正しく動くか確認しながら進めていく必要がありますが、基本的には文法さえあっていれば各人が自由なスタイルで記述することができます。

しかし多くの場合これはやった方が良いというような注意点もあります。

まずインデントといって段落をつける作業です。


これはタブなどを入れることによってその関数などがどこの流れの中にあるのかのレベルを示すために行われます。


その作業が終わると上位の位置の流れに戻っていくわけです。また多くの場合その処理がどのような意味を持つかや修正時の注意点などはコメントに記していく必要があります。

上記のような注意点を守ることで他の人達が理解しやすいプログラムが作れます。

これらは人それぞれにこだわりがあり自由度が高いというc言語で特に注意したい点です。


http://allabout.co.jp/gm/gc/459454/
http://www.excite.co.jp/News/music/20160509/Okmusic_22337.html
http://okwave.jp/qa/q6594491.html











Copyright (C) 2016 多様な場面で利用されているc言語について All Rights Reserved.